11.jpgWHAT CECAP IS

Comprehensive Evaluation Center of Assistive Products (CECAP) is an organization which aims to evaluate assistive products (or assistive technologies) ensuring safety and usability in a comprehensive manner. We have three modes of evaluation.
1. Clinical evaluation
It is done by experts such as Physical Therapist, Occupational Therapist, Professional advisor in welfare policy, Experienced Engineer for assistive products, Rehabilitation Engineer, and User of assistive products having rich opinions in them.
2. Monitoring evaluation
It is the evaluation according to a trial use of assistive products by persons who really need the products.
3. Engineering evaluation
It is the evaluation based on the engineering tests.

22.jpgHOW CECAP IS AUTHORIZED

CECAP is one of six authenticated evaluation agencies approved by the Association for Technical Aids (ATA) established by the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) to perform "Authorized Clinical Evaluation of Assistive Products (ACEAP)” which is currently its major activity. Different from 4 agencies out of 5 others, it is a private organization that can offer evaluation programs according to user requirements within third party norms.

HOW CECAP WAS DEVELOPED

CECAP was established in 2009 as an authorized agency for MHLW as mentioned above from the beginning. It has been collaborated with relevant organizations such as Association of Occupational Therapist, Physical Therapy association, the Group of Handicapped Persons, and various other groups including Oyama National College of Technology, which is famous for its ability in Robocon(http://tanack.la.coocan.jp/).

●完成用部品の「工学試験」及び「フィールドテスト」のご案内


CECAPが小山高専と共同で開発を進めている、アームロボットを用いて行う評価実験のうちのひとつである、完成用部品のための「工学試験」及び「フィールドテスト」のご案内です。 この度株式会社小原工業様からのご依頼により、2015(平成27)年に実施された足継手の工学試験及び2017(平成29)年に実施された手継手の工学試験において対商品の指定を受けることが出来ました。その経験をもって、皆様に試験実施のご案内です。

詳細はこちらをクリック

一般社団法人日本義肢装具学会50周年に寄せて

 2017(平成29)年に創立50周年を迎えた一般社団法人日本義肢装具学会(The Japanese Society Of Prosthetics and Orth 以下、JSPO)の会誌Vol.34(創立50周年記念号)に掲載された、CECAPセンター長、田中繁の寄稿をご紹介します。

 JSPOは1968(昭和43)年7月に「義肢装具研究同好会」として発足後、1972(昭和47)年11月に「日本義肢装具研究会」と名称変更し、1984(昭和59)年11月からは名称が『日本義肢装具学会』になり今日に至ります。
 JSPOに集うメンバーは義肢装具士・医師・理学療法士・作業療法士・エンジニア等がおり、創立以来学術集会・研修セミナーの開催,学術誌の発行を続けています。CECAPセンター長田中繁は1987年よりJSPO幹事を務め、これまでに義肢装具の国内外の発展に寄与した功績が認められ現在は名誉会員となっております。

詳細はこちらをクリック

●日本リハビリテーション工学協会より感謝状(2016年8月)
kansyajyou.jpg

福祉用具総合評価センター長、田 中 繁が、日本リハビリテーション工学協会より感謝状を授与されました。理事などとして、長い間当協会を支え、現在の基盤を作られた功績を評価されたものです。

今年で30年の節目を迎える当協会は、リハ工学カンファレンス、福祉機器コンテストの開催などを通して、伝統的な福祉用具からコンピューターやロボットのようなハイテクの分野までカバーし、リハ工学、支援技術の進歩に貢献している学術的団体です。

LINKS

bnr_normlz.gif

bnr_techno.gif
テクノ.jpg
header_logo_mhlw.png
厚生労働省.jpg
logo.jpg
経済産業省.jpg

logo_jaspa.jpg

s-top-jaspec.jpg

sub_title.jpg

小山高専.jpg

福祉大学.jpg国際医療福祉大学大学院  福祉工学分野 福祉用具管理指導者 領域説明会のお知らせ